手抜きになってた子育て。子供との関わり方が大事と改めて感じました。

4人の子供がいるにも関わらず、最近はあまり子育てにも熱が入ってなく、もともと子供たちの勉強などもほとんど興味がない私。
そんな時に、教育熱心な知り合いから、子育ての本を2冊勧められました。
それも、ハーバードなど超有名大学へ進学させた母親が書いた、『我が家の子育て方法』的な本。

 

普段から本はよく読むんですが、子供たちの受験や勉強に関しては全く興味が無かったので、こういった本は自分から選んだ事はありませんでした《゚Д゚》

 

 

 

読んでみると、そこで共通してたのが、語彙(ごい)を多く使う事と運動。他にも英語教育や絵本の読み聞かせなどなど。
そして、どちらの方もとても丁寧に子育てしてきたんだろうな~✨って印象を受けました。

 

 

それを見て、影響を受けやすい私は(笑)、今のままじゃダメだ。子供たちにもっと積極的に関わっていかなきゃいけない!と思わされました。

 

 

子供が4人もいるから忙しい。
とか、
3人目、4人目だし、ほっといても育つよ。
とか、、
そんなの全部言い訳だった。

 

 

確かに、ほっといても育つし、気負わず気楽に過ごす事は大事だけど、1人目の子育ての時の様に、もっと丁寧に子育てしよう!と初心に返らされました。

 

 

そして、本にも書いてあった言葉。

 

『始めるのに遅いはない』

 

 

その通りだ!と思って、今日から早速、絵本の読み聞かせや散歩など取り入れれるものから実践しています(≧◡≦)

 

 

 

子供が小さいうちは自分で見ていたいと思っていたのに、だんだんと手抜きになっていた今日この頃。
ただ、一緒にいるだけの生活になってるんじゃないのかなって思ってた部分もあったり…。

 

 

そうじゃなくて、今しか出来ない子育てをもっともっと感じて、子供たちにも周りにも自信を持って『子育て楽しんでるよ(๑›‿‹๑)』って言えるような毎日にしたい!
そう思って、しっかりと子供たちと向き合う事で、本当に気持ちが満たされてきています。

 

まだまだ初めたばっかりだけど、この感覚が当たり前になるように、毎日を過ごして行きたいと思います。

 
そう思わせてくれた本にも、ホントにホントに感謝です✨