スクールソーシャルワーカーとの関わりを通して感じた事。そもそも価値観が違いすぎてる。

昨日は、スクールソーシャルワーカーの方にお話を頂き、不登校児が通う市のスクールに見学へ行ってきました。

(学校復帰を目的とするスクールです。)

教室は広いワンフロアになっていて、

今は生徒は、小中学生合わせて5名程いるみたいです。

 

そこで、ソーシャルワーカーの方と先生と一緒に色々と話してきましたが、

結果から言うと、

 

私が希望している事は理解されてない…

そもそも、理解してくれようとしてないな。

って感じた時間でした(=_=)

 

特にソーシャルワーカーの方は、

まずは勉強が第一!!!オーラがすごくて…(°д°)

 

前にも一度あった時に、

『私は、今はそこまで勉強が必要と感じてない。本人が必要と感じた時に自らやると思ってます。』

と軽く話した途端に。。

バババーー!っと優しく?威圧的に?勉強は大事だと諭されました ^^;

 

 

そして今日は

『今後どうしていくか。どんな風にしたいのか。フリースクールに行かせたいなら方法はたっくさんあるけど、探してますか?』

的にチクッとされたり(笑)

 

『本人が別の場所を希望するなら、学校側も登校を強制は出来ないし、今は何も対応出来ない状態です…』

ってな事を言われたけど、

そもそも、この島に解決策が何も無いからこそ、私たちが1番悩んでるし考えてるんですけど!?(=_=)

他の学校も探してるし行かせたい所もあるけど、色んな事情もあって簡単には動けない。ソーシャルワーカーならこっちの意見ももう少し聞き入れたら!?

(↑心の声 笑 大人なので温和に済ませました(笑))

ってな感じのやり取りで。。(´°ω°)チーン

 

 

もちろん、ソーシャルワーカーの意見もよく分かる。すっごく分かる。

言いたい事はすっごく理解できる。今まで世間で散々言われてきていた事だから。

 

だけど私たちにも私たちの考えがあって、その道に進みたい。

そこも拒否しないで受け入れた上で解決策を探してほしい。

 

いや、むしろそんな考え方なんだね。って思ってもらえるだけで十分です。

ホントそれだけなんだけど、やっぱりそれすらなかなか受け入れてもらえない感じです。。((+_+))メンドクサイ…

 

そこで感じたのが、

フリースクールの定義がたぶん私と全然違うんじゃないか!?って事。

 

で、気になったので調べてたら

やっぱりフリースクールの定義って日本ではまだまだ曖昧らしく、不登校の子たちの居場所みたいなイメージが強いみたいです。

(何となく暗いイメージ??心の問題がある子達を元気にしていく!みたいな。そもそもそれも変だなと私は感じてるけど。ソーシャルワーカーは多分こっち。)

 

で、私が求めていたのは、

フリースクールの中でも『サドベリースクール』の『自分がやりたいと思ったことをやりたいだけやる。

この考え方が今は一番しっくりきています(^^)

 

だからソーシャルワーカーと話しても論点がズレてるし、そもそも見ているゴールが違う。

 

やっぱりここには私の求めてる解決策は無いな。

と感じた1日だったのでした(笑)

 

まぁ、どうしても私たちの考え方はまだまだ少数派だから

理解もされないだろうし、きっと変人に思われてるんだろうなー(笑)

 

でもそんなの関係ない!

 

 

自分の人生。

楽しく生きなきゃ損!!!